■FX攻略:通貨の売買をすることで生まれる金利差

少々FX初心者には難しいことかもしれませんが、これは大変大切なこととなります。
覚えてしまえば簡単なことだと思いますので、是非理解しておきましょう。

 

通貨の金利の差額分となるのがスワップ金利として清算をされていくこととなります。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を買えば、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが出来ます。
そもそもスワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することで生じる金利差のことを指しています。
通貨を交換する取引ならば当然、金利も交換することになるのは当たり前のことです。

 

FXは購入した通貨の金利を受け取る権利、そしてそれを売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じます。
まさにこれがFXにおける最大の魅力とも言えるでしょう。 FXで得た利益というのは、税金の対象となりますので、当たり前のことですが決められた金額を納める必要があります。
しかしある程度の税金対策を行うことで、かなり税金を減らすことが出来るので是非とも勉強をしてみてください。





歌詞検索チェック
URL:http://www.kget.jp/
歌詞検索ナビ


■FX攻略:通貨の売買をすることで生まれる金利差ブログ:19年11月10日

「節約」が当たり前のように浸透している今日。
職場では弁当持参は当たり前。
独身男性でも手製の弁当を持参する姿も多いとか…

最近は、専業主婦でも「家弁」が流行っているという。
6時の残りや、子供達のお弁当の残りで自分の弁当も作り、
お昼時に自宅で食べる…

我が家でも、
おれが弁当を作る機会が増えている。
子供達のスポーツクラブのせいだ。

子供達のクラブでは、
母親のほとんどが仕事をしているので、
「臨機応変!楽できる時は楽しよう」がモットー。

公式戦の大会では
事前に弁当の注文を取り、業者に発注する。

しかし、
我が家の子供達が入っているクラブは公式戦ではなく、
それ以外の交流戦も多いのだ。

交流戦の時は弁当持参が基本なので、
気づくとおれは年中弁当を作っている…

それも子供2人分に、
最近何を血迷ったかコーチになってしまった夫の分とおれの分。
毎回合わせて4個!

おれは弁当作りが苦手部門の1つ。
もともと細かい仕事が苦手なので、
色とりどりの美味しそうな弁当を作るという、
繊細なお仕事は、およそおれの性格に合っていないのだ。

しかし、苦手などと言っていられないのも事実。
作らないで買って持参する人も中にはいるが…

我が家の場合、
500円の弁当だとして、×4人前で2000円。
交流戦が二日も続くとそれだけで4000円の出費。
…これは大きな出費!!
なんとしても避けなければ!

前、
「4人分の弁当作りが三日も続く!」と妹に愚痴ったところ、
「でもお姉ちゃんの場合、きっと根性で作るよね?」
さすが妹!おれの性格を読んでいる。