■FX攻略:通貨の売買をすることで生まれる金利差

少々FX初心者には難しいことかもしれませんが、これは大変大切なこととなります。
覚えてしまえば簡単なことだと思いますので、是非理解しておきましょう。

 

通貨の金利の差額分となるのがスワップ金利として清算をされていくこととなります。
金利の安い通貨と金利の高い通貨を買えば、金利差の差額分をスワップ金利として受け取ることが出来ます。
そもそもスワップ金利というのは、異なる2種類の通貨を売買することで生じる金利差のことを指しています。
通貨を交換する取引ならば当然、金利も交換することになるのは当たり前のことです。

 

FXは購入した通貨の金利を受け取る権利、そしてそれを売った通貨の金利を支払う義務が同時に生じます。
まさにこれがFXにおける最大の魅力とも言えるでしょう。 FXで得た利益というのは、税金の対象となりますので、当たり前のことですが決められた金額を納める必要があります。
しかしある程度の税金対策を行うことで、かなり税金を減らすことが出来るので是非とも勉強をしてみてください。





歌詞検索チェック
URL:http://www.kget.jp/
歌詞検索ナビ


■FX攻略:通貨の売買をすることで生まれる金利差ブログ:19年07月15日

シェイプアップをしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
シェイプアップ失敗を繰り返していたぼく。

ぼくの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、スナック菓子を食べてストレス解消。
お子様たちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は子供とともに、夜更けにチューハイ+おつまみで乾杯。
お子様たちが残したライスは、
もったいないのでウエストがいっぱいでも食べてしまう。
お子様たちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

シェイプアップを始めても
この習慣はなかなか止められず
特にスナック菓子の誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
スナック菓子を食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

スナック菓子って、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食べる事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けてスナック菓子を食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いスナック菓子も、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
シェイプアップ中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しくシェイプアップをしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられるシェイプアップをしていきましょう!