■FX攻略:円安によってFXで利益を出す

求めているのはFXで収入を得ることだと思います。
そこで予め知っておきたい大切なことをここでお教えします。

 

ドル円が110円の時、円高になるなと予測をしたら、110円で売り、思惑通り105円になった時に買い戻すことによってその差額の5円幅が利益ということになります。
円安で利益が出るというのは、円を売って外貨を買っているからであり、円高で儲ける為には外貨を売って円を買えばいいわけです。
FXというのは最初のうちは外貨をどのようにして売るのかという話になってくることかと思います。
株の信用取引と同じ仕組みでFX会社が外貨を肩代わりしてくれます。

 

円高になったからと言いましても、それでFXは勝てるものではありません。
投資の仕方によっては円安でも利益を出すことが出来るのです。 FXが注目される前は、FX口座を開設することの出来る業者にそこまで厳しい条件は定められていませんでした。
しかし今ではかなり厳しい条件が定められているために詐欺行為をしている業者は比較的少なくなってきたのです。





ケルセチンはここ
URL:https://www.suplinx.com/shop/e/equerceti/
ケルセチンドットコム


■FX攻略:円安によってFXで利益を出すブログ:19年01月14日

昨日、6人兄弟の末っ子であるパパが、
お母さんと共に上京しました。

福岡から東京に嫁ぎ、
そこで生涯をまっとうされた伯母に当たる方のお骨を、
故郷に持って帰るという大役を仰せつかったためです。

東京にはパパのお兄さんが3人も居るのですが、
何せ末っ子であるパパが既に66歳ですから、
お兄さんたちは皆さん元気にはしていても、
供養を終えたその足で福岡・東京間を往復するには
かなりの体力と気力がいるため、
私の親がその大役を引き受けたというわけです。

さて、7〜8kgほどある骨壷を
パパとお母さんは交代交代で大切に抱えながら空港に行き、
チケットカウンターで搭乗手続きをしていると、
奥のほうから何やら難しそうな顔をした人が出てきました。

「それは骨壷ではありませんか?」
と聞かれ、 お母さんは隠すにも隠せない状況だったので、

「はいそうです」
と、正直に答えました。

するとその方は、
「骨壷は特別な手続きをしなければいけないことになっています」
と言って、奥の方へ行かれたそうです。

お母さんはその人が出て来るまでの間、
「これはやっかいなことになったなぁ…」
と、さらに疲れがどーっと増していくのを感じていました。

しばらくして、手続きが終わり、やっとのことで搭乗できました。

座席に行くとびっくり!
何とパパとお母さん2人の座席とは別に、
もう一つ骨壷のための座席が用意されていたのです。
しかも、機内はほぼ満席状態だったにもかかわらず…

その日は、午前中からパパもお母さんも長い時間、
その重い骨壷を肉体から放すことなく、
ずっと交代で抱えていたため、 疲れもピークに達していた矢先の出来事でした。

「思いもよらないことで、感動して涙の出る思いだった」
と話してくれました。