■FX攻略:FXにもデメリットはあります

FX(外国為替証拠金取引)の取引をするに当たって予め覚えておかなければいけないことがあります。
正しいFX(外国為替証拠金取引)に関する知識を頭に入れておきましょう。

 

当サイトの管理人は長くFXで取引をしていますが、デメリットと考えるよりも注意点と考える方がいいと思います。
根本的にFXとは元本保証の商品ではなく為替変動リスクがあるということが挙げられます。
運用資金の何倍もの取引をすることが出来るので、大きな利益を出しやすくなっていますが、大きな損失が出てしまうことももちろんのことあるのです。
ご自身の運用資金と、今日できる損失額を考慮した上で、適正なポジション量で運用することを心掛けることが大事なことです。

 

どのような投資におきましてもメリットばかりではなく、デメリットというものが必ず存在しているのです。
人気のあるFXだからといってもメリットばかりではありません。 勘違いされている人も多くいますが、FXと株式とでは、全く異なる特徴を持っています。
株式ではある程度まとまった資金が必要となりますが、FXでは少額の資金で始めることが出来るのです。



■FX攻略:FXにもデメリットはありますブログ:19年07月09日

時折、健康な身体なのに、
非常に記憶力の悪い息子がいるものだが…

こういう息子は、
母親がアルミニウム製の調理器具を使っているために、
脳の海馬が破壊されてしまっていることが多い。

母親が我が息子に対して、
「この子はバカなんじゃないか?」と疑う前に、
己の無知を疑った方がいいと思う。

なぜ母親たちが
アルミニウム製の調理器具を使うのかというと、
その調理器具の方が軽いからである。

その程度の理由のために、
我が息子の脳を犠牲にしてしまっているのだ。

調理器具は鉄製の物を使うべきなのである。
鉄製の調理器具は重たいがゆえに敬遠してしまうのだが、
鉄製の調理器具を使わなければ、
我が息子の脳を守ることはできない。

また、
息子にはアルミニウム製の缶に入ったジュースを
飲ませないようにした方が良い。
飲めば飲むほどバカになっていくだけだからだ。

アルミニウムは
身体内に残留し易い物質なのである。
アルツハイマーもアルミニウムが原因だと言われている。

今まで
アルミニウム製の調理器具を使っていて、
明らかに我が息子がバカだというなら、
糠を炒って食べさせ、
それをホットミルクで流しこむことをお勧めする。

これを何度がやっていると、
身体内に蓄積されたアルミニウムが排出されるので、
知能が向上して来る筈だ。

息子の頭の良し悪しは
かなりの部分を母親が握っているのである。

料理のたびに
フェニルアラニンやレシチンを含んだ食品を出すようにすれば、
我が息子はしっかりとした記憶力を持つことができる。

アルミニウム製の調理器具にしても、
それを使い続けたら、
我が息子の脳に甚大なダメージを与えてしまうのである。